« 男鹿和雄展 | トップページ | 芦屋発、パリのかほり »

2007/09/12

う、water...! 家庭内水泳教室

週末に近所の区民プールにいった。
泳げないわたしは、今までこーいう“泳ぐことが目的のプール”を避けていたのだけど、このところ無性に水に浸かりたい気分だったのと、「ウォーキングのコースもあるよ」との夫の言葉につられたのだった。

残暑キビしい昼下がり、はたしてプールは混んでいた。
「もし空いてたら初級者コースで泳ぐマネができるかな?」なんて淡い期待は消えた。初級者コースでも、25M立ち止まらず泳げる人しか使用不可だった。わたしはおじさんおばさんたちに混じり、水の中をただ歩いた。

やっぱり歩くだけじゃつまらん。先に帰ろっかなーと思っていると、そんな気配を察した夫が泳ぎを教えてくれると言う。
前に、ウブドゥのホテルの水深2Mプールで水中に置き去りにされる荒療治の経験から断りかけたけど、このプールは最深でも1.4Mだし溺れる心配はないなー。じゃ、よろしくお願いしますとなった。

プールの端っこ2コースはフリーになっていて、小学生とお父さんのペアがあちこちで特訓中。そんな中、お父さんたちとほぼ年齢が近い私たちが泳ぎの練習・・☆へへ(^_^;) まあ、自分を含めみなそれぞれに真剣!なんで気にならないさ★25M泳ぎきれないオトナの方も数人練習してたしね。

なぜ泳げないかというと、身体が浮かないから。どうも緊張してしまうらしい。力を抜けとよく言われるけどそう簡単にできないから泳げないんだよ。(このへんの心理は高橋秀実・著『はい、泳げません』に詳しい)

さて、まずはけのび・・しばらくすると脚が沈む。夫が横からわたしの腕と腰を持ち上げ姿勢を直す。は!長く浮ける…かも?そのままの姿勢で前へ運んでもらいつつ、手で水を掻いて進む。この時点で子どもの頃の間違った泳ぎ方が改善されてきた。
○姿勢(わたしの場合、少し腰を浮かすようにすると楽になった)
○水を掻くタイミング(前は早すぎた)
○息つぎしなさすぎ。25Mで2〜3回しかしないので息がきれる

慣れたところで問題の息つぎ練習。かなりトラウマなんだけど。。
腕を上げたときに後ろを見るように顔を上げる、ってねさんざん小学生時代教わったんだけど…う、鼻に水がはいってきてイタタタ。ふと、息つぎの前に水中で息を吐いてみると痛くなくなった。おお!コレだ。
せんせえ(夫)にこの発見を報告すると「そうだよ?今までどうしてたの?」と不思議顔された。え、息止めてたんだが?…これも間違っていたのか。
その後しばし息つぎを繰り返し練習。やがてプール使用時間のリミットがきたので、総ざらいを自力でしてみる。
のろいけど息つぎ付きで泳げた〜!ばんさーい!ファイト一発〜!
脳内ハピナスなわたしにせんせえがひと言。「じゃあ、ステップ1クリアだな。次は足だなー」と。…ん?まだやるの?もぉ9割方泳げてると思ったのに。。スイマーへの道のりは長い。

|

« 男鹿和雄展 | トップページ | 芦屋発、パリのかほり »

コメント

頑張ってますね。
私は幼稚園からスイミングを習っていたので、結構、長距離いけますよ。でも、プールには全然行ってないな。これから冬になると髪の毛乾かすの面倒で風邪引いてっていうパターンが怖くてさらに遠のきそう。
頑張ってください!

投稿: mirro | 2007/09/13 20時18分

幼稚園からなんてすごいですね!
運動系の習い事をしておけばよかった、と大人になってからよく思います。バレエとか。
なんか、長いブログを書いたので気合い入ってそうですけど、あんまり頑張ってはいません・・★ゆるくやっていきます。

投稿: holoholo | 2007/09/14 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/59094/7915438

この記事へのトラックバック一覧です: う、water...! 家庭内水泳教室:

« 男鹿和雄展 | トップページ | 芦屋発、パリのかほり »