« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008/11/30

記念日 なのさ

世間では「女性のほうがより記念日が好き」
と言われてる(ホントか知らんが)のに乗っかって
先週“記念日ゴハン”してきたwinewinewine

思うに、女子が“記念日好き”っつうより
それを口実に何か買ってもらったり
おいしいもの食べたりできるからなんじゃないかねeye
そんなことないのかな?
“ログ好き”“メモリー好き”は男女問わず居そうだしさ。

 
ま、さておき13周年ですよ。
ケッコンじゃなくつきあっての日ざんす。
ひええ、長え。

 
しかし丸13年経ち、14年めに入るとは
当時0歳の子は思春期真っただ中で、大変なお年頃。
いつの間にそんな濃い時間が流れたものかしら?
おとなって淡白ねー(-_-) 
記憶力が落ちてるのかしらん。。

ともあれ食事は美味しかったです★catface
次回upする?かも。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/11/27

ノキア携帯

Nokia mobilephoneが日本市場から撤退するそう。

あ〜りゃ〜(Θ_Θ) 

今ノキア中なんだけど、サポートだいじょぶかな?

 
 
あんまりいいコト言ったり書いたりした記憶がないんで

スマンねぇ、とちょっと思う。

 
 
お次はiPhoneかなsign01

でも、ケータイはほぼ通話機能しか使ってないだよねbleah

無駄〜snail

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/18

奄美大島 旅日記6

A683 A687

朝焼け〜!

 

今日はすごーくよいお天気。
おばちゃんお墨付きの晴天diamond
ダイニングから土盛海岸をながめつつ朝ごはん。

A694_2
A693

 

 

このペンション、旦那さまがお好きだった
米モダン建築を取り入れて注文建築したそうで
外観もインテリアもお洒落なんですよ〜!

A18

A696_2

A700
剣持勇さんのラウンジチェア!しかも当時の!
すごいよ?

 

余談だけどデザイナーズチェアと言えば、
鹿児島空港の出発ロビーには
イームズのサイドシェルチェアがわんさかあるでね。
イエローやオレンジのナウガレザーよ!あれは圧巻。
ふたつみっつ持ち帰りたかったよ。
せめてもと写真とったのに保存されてなかったし。。
また今度やね。ガクぅ(ー_ーi)

Eam  サンコーシャシン

 

pisces pisces pisces  pisces  pisces

A12
A13

A14
A11

さてさて、土盛海岸。
オウ、ビューリフォー!
ここは引潮の時、強い離岸流があるので注意danger
気をつけてさえいれば美しくて楽しい島の外海。

 

A4491 
モンガラカワハギ
食べられるんだ。知らんかった


Tsunome493

ツノメガニ〜

A492  

A485  


 

潮が引き始めたので崎原ビーチへ移動。
青いよ白いよ。透明度が高くてプールみたい
脚の日焼け止め油断したら灼けた!最後の最後に★

A19
A20
A21
はっU・M・A ?!(デジャブ、すみません…)

 

airplane飛行機は夜発なのでぎりぎりまで海遊び!
自分みやげに島バナナheart01
輸入モノとちがって酸味もしっかり、おいしいのhappy01

A726

 

A711

さよなら。奄美〜
また来たいな!
窓の下にはトカラ列島も見えたよ。
いつかぜひ!

おしまい

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/11/17

奄美大島 旅日記5

あくる朝、また日の出とともに動き出す。
アサ散歩foot foot

A650 小学校が良い雰囲気

西阿室の集落はまだ昔ながらの佇まいがある。
家を囲む石垣は、ハブの棲み処になるんで
撤去されているところが多いけど
ここには所々のこっていたり。。

カケロマでハブと言えば「棒」。
あちこちにハブ棒が立てかけてある。

A651  A653_2

 

A10  

ひと泳ぎしてからお暇する。
船で大島に戻るのだ。
良かったなあ、カケロマ・・
何もない自然が好きな人にはあってるところだよ。

A08

 

shoe午後は金作原原生林を歩くツアーに参加。

A676

ガイドさんから奄美の自然について話を聞く。
これがすっごくおもしろかった!

 

奄美の生態系の頂点はハブ。
ハブの存在によって人間も行動が限られ
今も豊かな自然がのこっていると言っていいくらい。
血清があれば噛まれても大丈夫でしょ?と思ってたら
まったく違い、ハブの毒はタンパク質を壊す性質で
毒が入った場所から細胞が死んでいくので
指なり腕なり足なりを断つしかないんだそうだ。
しかもその痛みはカミソリ刃十枚を束ね、
肉を削ぐくらい激しいものらしい。
怖え・・・(;゚д゚)

 

そんな話(脅し?)をしょっぱなに聞き原生林へ入る。

A667

A664

A663

ヒカゲヘゴ〜!クワズイモも大きい!
ブナやマツも見られる植生。
原生林の森は外からみると
ブロッコリーみたくもこもこしてるんだけど、
それは他の木より大きくなりすぎてしまうと
台風でなぎ倒されてしまうからなんだって。
「チョーシにのって飛び出すと、折られちゃうんですよね」
というガイドさんのコトバに頷くオット。
植物・虫好きの私はカメラのシャッターきりっぱで
チョウチョやクモを撮影♪ 個体が大きいよね。

 

森の地面には表土がない。
本州なら落ち葉が堆積して腐葉土になるけど
奄美は落ちたそばから食べられていくので
腐る暇なくほかの生き物に吸収されていくそう。
なので海に土が流出して行かず
河も海も水が透明なんだそうだ。なるほろ


 

日が落ちる頃、土盛海岸のペンション
ブルーエンゼルへ到着〜
おばちゃんにもう少し早く着いたら
今日はいい夕焼け見られたのに!と言われる。
うあー惜しい。

夜ごはんはひさしぶりの洋食。

A677
A678

ぷりぷりなエビのバター焼き、ポタージュスープ、
チキンソテーなど…ワインが欲しいよ!
なかったんでオリオンbeer
ここもおばちゃんが料理上手deliciousgood
デザートのスモモシャーベットまで完食restaurant
おいしかった!

つづくー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奄美大島 旅日記4

今更ながら、奄美旅続き〜。

カメを見てすっかり奄美に来た甲斐を感じたワタクシ、
昼間は珊瑚を求め実久など北の海岸に足を延ばす。
も、やはりどこもにっくきオニヒトデの食害にあっていた…。

場所にもよるが3、4年くらい前までは
そりゃもうたくさん珊瑚が茂っていたそうで。
ショックだったけど、元をたどれば人間のせいなんだよね。
安い食物が欲しい→作物を早く育てるために畑に肥料をまく
→余った養分海へ流出→その養分をもとに食物連鎖から
多量のオニヒトデ発生→ヒトデが珊瑚食う→やがて死の海・・

 

ぎゃー

まだ珊瑚も生きてて、魚もいる海も健在だけど
本当に危機的状況なのがわかった。
なんども書くけど海は本っ当にキレイなのよ。
プールの水のように透明な水色で。
海だけじゃなく、山も空気もキレイなのだけど。

 

さて夕方、ギリギリに西阿室へ到着し、
民宿はまゆうさんにチェックインdoor

A644


宿のおじさんの勧めですぐにクルマで山を登り、
夕陽のビューポイントへ。
間に合いました〜
絶景なり!

A617

ちっちゃく見える島は須子茂離かな。
(リアルで見てるときは与路島と思ってた)
海に沈む太陽が見られるのはやっぱりいいねーsun

 

満足して夜ごはんをいただく

A634

宿のおばあちゃん、料理上手note
トコブシ(じゃないらしいが似てる貝)ウンマイ!
2連ちゃんだがグルクン唐揚げ
(とは奄美では言わないそうだが)もおいしかった〜
豚の角煮、あおさのお汁と食は沖縄と近いね。

おじさんは屋上で星を見ながら寝るそうで
私らも途中までご相伴してみる。
眠るのは無理だな・・night
夏とは言え海風で冷えます。
しっかし、星空はきれいだった〜!

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/08

さむいよ

今日、さぶかったー

もう冬なの?? (-゛- |||)


おまけに風邪気味だし。
ビネツなお年頃。
ぼーとしてなにも進まず。
アレコレしたいこと、
しなきゃならんことあるのにー

“明日できることは、今日しない”ってことで
しょうが紅茶のんで寝よ。
治りますよーに!


Sata


写真は、先日つくったサータアンダギー。
ハイカロリーだよね。ふふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »