« カコ日記[箱根旅1] | トップページ | 過剰? »

2009/05/21

カコ日記[箱根旅2]

箱根道中のつづき pencil


sun明くる朝、

朝食つきプランだったので

メインダイニングへGO!

Hako111
Hakoneres

 

まずアメリカンブレックファストか

ケーキブレックファストを選びます。

あとはドリンクや卵の調理法など

こまかなチョイスをオーダー。

私はアメリカン、オットはホットケーキを選択。

 

Hako112 Hako113



 

朝からガツっと食べられる人は

パンのお代わりができるアメリカンがおすすめwinknotes 

(でも私は気配が消えてしまうため

給仕さんに気づかれず、

なかなかお代わりできない‥wobbly 出よオーラsign01

 cafe  cafe cafe

朝食が終わって庭を散策。

温室では観葉植物が栽培されていて

買う事もできるbud

 
 
 

Hakoneko

ニャーと遭遇heart01

 
 
 

チェックアウトして宮ノ下駅へ。

 

Hakogyo

オランダが。なぜ?

Hako120

Hako121
山きれい〜

Hako123_2
箱根登山電車。なんちゃってテツコcameradiamond


 

ケーブルカーに乗り換え後、
ロープウエイに乗車。

Hako124

たしかスイス製だったかな。
ロープをつかむジョイント部が
ゴンドラの幅よりも広いので風圧に対して強度があり、
箱根の気候にあっているんだとか。

ま、ウンチクはいいんだけど、
こういう構造をフニテルと言うそうで
私はこの フニテル という名前が気に入った!

書きたかっただけなんだー。フニテルを。

フニクリフニテルnotenotenote (すみません…)

 
 

Hako125

 

ほんと緑がフレッシュできれい〜。

ツツジもあじさいにもまだ早い時期だけど、

新緑だけでも充分スバラシイっhappy02

 
 
 

大湧谷に到着〜foot

硫黄のにおいがすごい。

急な傾斜を登って噴煙場まで行く。

Hako126_2  

これ、噴火したら大変だ。

小松左京の日本沈没が脳裏に浮かぶ。

 
 

さて次は仙石原のポーラ美術館へ。

19世紀フランス印象派や

エコール・ド・パリの絵画が充実している。

あとポーラだけに手鏡などの化粧道具も多数ある。

モディリアーニを複数所有しているので

たのしみにしてたんだheart

歳のせいか、そういう気分なのか

マリー・ローランサンの魅力がわかった(気がした)

 
 

Hako127

美術館のエントランス。

建築も良いですsign03

まわりの自然に溶け込むよう、

建物のほとんどが地下にある。

でも吹き抜けの天井がガラス貼りなので

明るい雰囲気でした。

 

美術館のレストランで遅い昼食をいただき、

箱根見物は終了。

 
 

小田原で干物を買って帰宅しましたとさfish

1泊だけどたっぷりゆっくりできたsign01

最後、電車でビールbeer でしめたかったけど

普通列車だから叶わなかったのが残念★

小田原って通勤圏内だもんね。

|

« カコ日記[箱根旅1] | トップページ | 過剰? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/59094/29730254

この記事へのトラックバック一覧です: カコ日記[箱根旅2]:

« カコ日記[箱根旅1] | トップページ | 過剰? »