« 亀戸 DE ホルモン | トップページ | ジャケ買い »

2009/07/11

イサベル・コイシェ監督作「エレジー」

「大人のための恋愛映画」とどこかで

銘打ってたのを見たけど、まさにその通りsign01

 

Ele


 

自由恋愛を謳歌している大学教授ディヴィッドと

30歳年下の美女コンスエラの出逢いから始まる筋書。

大人の恋愛話だけれども・・・、

年齢は重ねてはいるが、

人と深く向き合うことを避けて

それなりに上手くやってきた、ディヴィッド。

そんな彼が幼く見えるほど、

相手のコンスエラは精神的に年上で、

「嫉妬や独占したいと思うことを愛とは思わない」、

なんて言って退ける女性(まだ20代前半?なのに…★)。

 
 
 

もうとにかく、

ディヴィッド役のベン・キングズレーがもの凄く素晴らしい。

社会的に成功して、自信があって、セクシーなディヴィッドが

彼女と恋に落ち、自分を統制できなくなる様子を

彼は、深く自然に表現しています。

コンスエラに、自身と彼女との未来を問われても

それに答えられないところに共感!

 

 

って、立ち位置としては彼女側じゃないところに

多少がっかりしつつも、

おじさんに肩入れしてしまうのは

ベン・キングズレーの好演技の所為か、

ちょっと自分がオトナになってしまった故か…。


 
 

それにしても、

コンスエラを演じるペネロペ・クルスは美しい!





 

コイシェ監督の撮る、ふたりのやり取りや

お酒のシーン、ベッドシーンも繊細でおさえめなのに

とても印象的な雰囲気で、うっとりと見惚れます。

ゴヤの『着衣のマハ』『裸のマハ』作品と絡めて

映像がつくられているのも効果的だと思うし。


 

「死ぬまでにしたい10のこと」も佳い作品でしたしね。

(邦題がいまひとつだという気がするけど・・coldsweats01

 

 

コイシェ監督、本当に好きな監督ですlovely

|

« 亀戸 DE ホルモン | トップページ | ジャケ買い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/59094/30495107

この記事へのトラックバック一覧です: イサベル・コイシェ監督作「エレジー」:

« 亀戸 DE ホルモン | トップページ | ジャケ買い »