« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009/09/29

身長をのばす方法・・★

背、伸びたんじゃない?

と最近なぜか聞かれる。

しかもひとりやふたりじゃなく。

 
 
 
 

んー?なんでだ?

この歳で伸びるわけないので

「まっさかぁ〜」と

やり過ごしていたのですけども。



 
 

思い当たることがあったsign01

 
 
 
 
 

ここ数ヶ月ほど、

肩こり対策のため姿勢に気をつけていたんだった。


もともと猫背なので

背筋を伸ばしなさいなんて小言は

子供の頃から言われ続けていたんだけど

やっぱり長年の癖は

すぐに直せるもんじゃありません。

やる気になってようやく成果がでてきたのかも☆


 
 

だから、伸びたのは身長ではあるけれど

座高のみ、なのね〜 dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/28

本とまんが2

まんがも本なんですけどさ。
じゃあ、マンガ本と文章本ということでひとつ。

 
 
 

夏に書こうと思ってだいぶ経ってしまったな〜

まずは五十嵐大介さんの「海獣の子供」第4集!

 

海獣の子供 4 (IKKI COMIX)

 
 
 

冒頭、琉花の母親の過去がすこし明かされ、
琉花の誕生のいきさつと、彼女が
海との関わりが強い人間だというのがわかります。

それまで琉花のかあちゃんは生きる目的を見失った
無気力な人として描かれてたんですけども、
自分と海とのつながりが、娘に渡ったと感じて
行動を起こすわけです。
そのときに娘の琉花を案じているのが
読み手に語られるんですが、このセリフがいい。
(・・抜き書きはしませんけれど。野暮になる★)

さて、この作品で描かれようとしているのは
「生命の誕生の物語」。
その輪郭がゆっくりあぶりだされていきます。

海の世界 と 陸の世界、
それぞれに棲むものたちは隣り合わせながらも、
呼吸すらできない環境に暮らしている。
陸に棲むものにとって「海は彼岸」。
これはデデによる言葉でした。
裏返しのような言葉を、今度は海が語ります。
「波打ち際の向こうは死者の世界」。
ただここで違う点があって
デデは、女の体は彼岸から陸へ
生命を引張り出すものだと言ってるのに対し、
海は、陸の住人はすべて死者と見ているのです。

生と死、海の中と外の世界。
このへんは物語のポイントなのかなーと思います。
そして次集へ。ああ。


 
 

と、つぎはどうしようかな。
いくえみ綾さんの「潔く柔く」も大詰めだし、
あいかわらずオノナツメさんはもりもり描いているし、
海野チカさんもやっぱり期待通り面白いし。
そんな中で今ナウ書いときたいのはコレかしらん。

 

末次由紀さんの「ちはやふる」。

ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)

 
 

百人一首、競技かるたのお話です!

絵柄がザ・少女漫画 heart
ちょっとスルーしてました。すみません

09マンガ大賞取ったので拝読しました。
ホントすみません、すっごくおもしろいっすsign03
あと、画力もすばらしいですsign01

うちのKさんが読後ひと言、
『「努力」「友情」「勝利」、
これ、週刊少年ジャンプじゃん』。

ああ!言い得てる!
可愛らしい外観は少女漫画だけども
はっきり言って筋立ては少年漫画です。
恋愛は今のところまだ
うっすら醸し出される程度だもんなー。
いやそれも良いんですよ?

 

小倉百人一首、高校の冬休みの宿題で暗記したな。
かるた自体はあまりやったことなくて
坊主めくり‥なイメージでしたが
「ちはやふる」読んでやってみたくなりました☆
(影響受けやすい)

   

      
 
ぼちぼち今日はこのへんで paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/26

鳥たち part2

ううっ・・・

これは、また・・・sign01


 

Ii1



毎回たのしみな いいちこのポスター。

 
 
 

今度のこれはどうよ?

鳥、しかも、カモメ lovely lovely lovely


 
 

うしろ頭がもう素敵☆

あー さわりたい heart

 

Ii2


見てそうで見てない? 微妙な視線もグー

Ii3

 
 

ほんとにいいわぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/22

本とまんが 1

この夏は結構読めました。

本はノンフィクションばかりだった反動で
小説・・しかも恋愛ものheart の比率が高まりました。

読んだ中で、いまの気分にあったものを抜粋〜book


山田詠美さんの作品はやはり群を抜いてますね。
だいぶ遅ればせての『風味絶佳』よかった〜

“草食”へのアレルギー(?)なのか
体を使う仕事をしている男性との恋物語集は
「こーいうのが読みたかったんだ!」という
内なるニーズを確認できたし、
自分が引きこもり系★デスクワーカーなので、
体を動かす仕事をする人に興味をもってる
というのもあるんでしょうね。

風味絶佳 (文春文庫)

 
 
 

あと恋愛もの以外では、
興味があるけど手つかずだった
本谷有希子さんの本が印象深い。

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」、
この主人公‥痛い。 びっくりした。
ってアホみたいな感想だけど、自意識の過剰さにおいて
ここまで突き抜けてる人物像はそうそういない。
映画化したんだよね、佐藤江梨子主演?
うわー怖そうな‥

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (講談社文庫)

 
 
 

なんだかんだノンフィクションも読んでます。

「怖い絵」シリーズで知った、
中野京子さん! おもしろい!

 

ついでなので「怖い絵」についてチラリ。
16世紀から20世紀の西洋絵画をひき、
“怖い”と言っても絵柄がおぞましいだけでなく、
描かれている背景にひそむ残酷さや、
歴史的な裏エピソードのコワさ(結局人間の怖さです)が
描かれている作品を謎解きをするように紹介している本。
西洋美術の知識が増えて楽しめます。

怖い絵

 
 

最近読んだのは「ハプスブルク家 12の物語」と
「紙幣は語る」でした。図書館にあったので。

中野さんは中身はもとより、
文章に魅力があるからおもしろいんですよね〜

んーと、長文になったので
まんがについてはまた次回☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/21

つい、欲しくなるもの

そ れ は 、

 
 

コンパクトデジカメ〜


 
 

Leica

 
 
 
 

かっこええ lovely


 

ライカX1、

 
 

来年1月に発売だそうよ。

 
 

最近、あまり写真とってないのに

 
 

カメラばかり欲しくなるなー☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/15

燃え尽きた

はぁ・・

 

まっしろい 灰 に なりました 。

 
 
 
 

まだ、火曜日なのが 信じられない くらいに

 
 

働いた なー delicious dash


 
 

てなわけで

 
 

夕ごはんは

 

森下の焼き鳥屋さんへ。

 
 
 
 

ママさんと、大ママさんが切り盛りするお店。


 

おいしかった〜 paper

 
 
 
 
 
 

先週は

 

ちんだみーずMさんの

 

新居近くの居酒屋さんに行って

 

そこもまた、おつまみが美味しく、

 

お酒(焼酎・日本酒)種類が豊富で

 

ステキなお店でして、

 

最近 あたりが多いです☆

 
 
 
 
 
 

しかし、もう、季節は秋 maple

 

腹筋くらいせんと、

 

フォアグラになりかねませんねーdash

 

もー1年の3/4くらいが

 

夏だとよいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/11

銀色週間

あの9月の連休を

シルバーウィークと呼ぶのは定着したのかな?

 
 
 

それにしても5連休って長いな!

 
 
 
 
 
 

まあ、でも、時期的に

わたしにはあまり関係ないかな〜wobbly

二日くらいは休めるんだろーか?

 
 

・・って、それ普通の土日ってこと?

 
 
 
 

 

あそびに行くより、

 

ゆっくり眠りたい今日この頃 pisces pisces

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/07

帰国しました

まだまだ暑いHawaiiより

さわやかな日本へ到着ー

でも湿度はこっちのが高いなぁ!



今回はめずらしく、

ちょい時差ぼけがあったから眠かった〜gawk

 
 
 

旅日記はそのうちに。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/09/02

鳥たち

080804

クマタカのひな


 

かわいい〜〜heart


 
 
 

Kasa_dori

たしか、

クサドリ…だったかな?


 

松ぼっくりみたい・・・

 
 

へやにコレがいたらいいなー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »