« APILCOのカップ&ソーサー | トップページ | 銀河鉄道の夜 »

2012/01/25

建築とアート

建築、アートがつくりだす新しい環境
ーこれからの〝感じ〟展

Imgl

 

もう終わってますが・・
最終日に観てきましたYO

思っていた以上に充実した展覧会でした!
上の画像はロレックス・ラーニングセンター。
SANAAによって手がけられたものですよね。

そこを舞台にした
ヴィム・ヴェンダースによるフィルム、
『もし建築が話せたら…』も鑑賞できて
ちょっと行ってきた気分になりましたcatface
まあでもやっぱり実際に行って見てみたいけども

犬島、豊島の人々や風景の映像、
フィオナ・タンの
『Cloud Island』もよかった〜

建築はまったくくわしくないけれど
設計図や模型を見て想像を膨らませるのは
存外に楽しい作業でした。

やっぱり美術館はいいなあ。

|

« APILCOのカップ&ソーサー | トップページ | 銀河鉄道の夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« APILCOのカップ&ソーサー | トップページ | 銀河鉄道の夜 »