2012/04/20

宇宙人ポール!

やっと観たよーsign01

ポールさん最高sign03
いちいちカッコ良くてしびれますlovely

Img_00

 

彼がポールさんねheart01

 
 
 

2本だて上映のうち
もう1本が「メン・イン・ブラック」で
じつは観たことなかったから
続けて観てきました。

だから本当はSF好きの人なら
ものすごい楽しめるであろう
「宇宙人ポール」作中でのコネタもあんまりわかってません。
なんとなく、
ここはネタなんだろうって気配はわかりますが。
でもそういうのを知らずとも楽しめる映画です。

来週は「メン・イン・ブラック2」との
2本立てだからまた観に行ってこよう〜

| | コメント (0)

2012/02/01

銀河鉄道の夜

今日、TVで映画やってたのを録画し忘れた!
気がついて、おわり10分くらいを観た・・

テレビつけたら
ちょうど「石炭袋」のところだった。
ああ、カムパネルラ!

ああ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/07

映画『海洋天堂』

通いの名画座にて鑑賞しました。
泣かせようとする映画かな、という予想は
幸いにはずれて良かったです。

父ちゃん!
ジェット・リー!
チャイ!
館長!
と心の中で叫ぶ。
自閉症のターフーと余命わずかな父の話。

海亀のシーンにぐっときました。
その日持っていたハンカチ(手ぬぐい)がなんとコレ。

Img_74402

黒島研究所で買った海亀てぬぐい。
なんだろう、そんなリンクっぷりは。

| | コメント (0)

2011/06/17

祝島とスウェーデン、 エネルギーの自立のドキュメンタリーフィルム

『ミツバチの羽音と地球の回転』を観てきた。
瀬戸内海の祝島、原発建設に28年間反対し続け
自給自足の生活をおくる島民の人たちを見つめた
ドキュメンタリー映画。

Mitsubachi

何かの反対運動というと、敷居が高いというか、
取り付きにくいような印象があったけど
映画は、農業・漁業をしながら
島の自然と共存して暮らしている
ふつうのおじちゃんおばちゃんと
少しの若者(島は大方と同じく高齢化です)の
日常を映すところから始まるので
観ている側もすんなり島の生活になじんでいく感じ。

そんなふつうの暮らしをおびやかす
原発の建設に反対するのは
ごく当たり前の行動に思える。

原発産の電力はいらない、
エネルギーも島内で自給できるような仕組みを模索しようと
カメラは目線をスウェーデンの小さな町へ移す。

オーバートオーネオはスウェーデンではじめて
持続可能な自治体になると宣言した町。
風力発電やバイオマス燃料による暖房で
電気や石油の使用量を劇的に減らしている。

そもそもスウェーデンは脱原発を国民投票で決め、
2020年までに石油にも依存しない社会づくりをめざしている。

スウェーデンの住民は電力会社を選べる。
自分の使う電気が何によって作られたものかを選択できる。
風力や太陽光からできたエネルギーだけを買うことができる。

・・うーん、なんてうらやましいんだ。

電力会社を選べるなんて
利権まみれの人間が政治の中心にいる日本には
なかなか実現困難そう・・
でも、坂本龍一さんの言葉で
生存権の一つとして何で作られた電気を使うかを
選ぶ権利があるはずだと書かれていた。
そうだよね。
それに電力会社は民間企業なのだから
顧客の望む商品サービスを提供すべきだし。。

この映画はなるべくたくさんの人に観てもらいたい!

リンク先に上映情報あります→
東京は渋谷のユーロスペースでかかってます〜catface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/17

青ちゃん、

おめでとう〜 lovely


 

うちで人気(?)の

NHKニュースウオッチ9、

アナウンサーの青山祐子さん

ご結婚が決まったそうで。

 
 

今日も観てましたが

大越さんとのコンビは続くとのことだし

よかったな〜

このお2人の掛け合いは

和むので好きなんです。

さりげない振りで話にふれたのもいいですね。

大越さん、

この件については直球解説じゃなかったね

| | コメント (0)

2010/06/20

新参者 最終回

終わっちゃいましたー

 

舞台が近所なんでほぼ見てました。

 
 
 

最終回はよく行くお店の

ちどり屋さんも出てきたし、

夜の清洲橋で

容疑者との対面シーンもあったり。

 
 
 

毎回ドラマの筋とは関係なく、

夫とふたり、知ったところが出るにつけ

「あ!ここ!」なとテレビに言っとりました。

 
 

うざうざですねー。。

まあ田舎の人なんで良しとしてくれ。

 
 
 

今季は結構ドラマをみてるなあ。

ゲゲゲの女房、龍馬伝、で新参者。

日曜日は見逃すことがないのでいいねdiamond

| | コメント (4)

2010/05/27

NHK 松本隆さんの番組

あー、つい観ちゃった。

仕事しなくちゃならんのに‥


 
 

でも、面白くて観た甲斐があったな〜happy01

 
 
 

明菜ちゃん派だったけど

聖子ちゃんも、やはりよろしおすlovely

 

| | コメント (0)

2010/01/24

映画 ぐるりのこと。

ちょっと前になるけれど
江東区のシネマフェスにて映画観てきました。
上映前に出演されてる俳優の寺島進さんが
トークゲストで出られるというので
チケット取ってたのですよ。

トークは司会の方がだいぶ緊張してて
若干不安な立ち上がりでしたが
寺島さんのナイスなアシストgood
(というか結構仕切っていた)によって
うまいことカタチになっていました。
撮影もさせてもらってうれしかったなー。
(写真は自粛


 

上映作品は橋口亮輔監督作、
「ぐるりのこと。」
出演・木村多江、リリー・フランキー。
簡潔にいえば、夫婦の絆の再生の物語です。

   ‥   ‥  ‥

子供を死産(おそらく)し、
精神のバランスを崩すようになった妻を
つかず離れずで支えようとする夫。
法廷画家である夫の目を通した
90年代の事件や犯罪を絡めつつ、
壁を乗り越えて行く夫婦を描いた作。

このストーリーほど困難な壁ではなくとも、
たぶん、どこの夫婦にも起こりうることを
リアルな描写で表現しているのがよいのでしょうね。
観ていて実感を伴う箇所があちこちにありました。

 

世の夫婦の数だけ、関係性がある気もするけど
普遍的な部分を抜きだしたら、
この映画のようになるのかもと思えます。

結婚している人は、ふたりで観たらよいですよー
まあちょっと重い話ではあるけど。
重いんだけど、ところどころ笑いもあるし、
あとリリーさんの佇まいが飄々としてよろしでした。

余談だけど、出演の俳優さんのうち江東区出身が多かった。
木村多江さんが門仲、寺島さんとその奥さん役の
安藤玉恵さんも区内出身だそう。
偶然なんだろうけどおもしろいなー。


 

さて、その映画のあと、
門仲にある、以前行ってた居酒屋さんに寄ったら
接客がダメになっててショックでした・・
前はピリッとして良い感じだったのになあ。
人は変わってないのよ。でも雰囲気がダレダレ。
友だちの家で飲んでるんじゃないんだから。
しかも値段が上がってるし。
ああ、もう行かねー…。

寺島進さんが、
トーク中に橋口監督の印象を訊かれて
監督が言った言葉をあげてまして、
『ひたむきさをなくすと下品になる』と
おっしゃってたんですよね。

まさにそのお店もそうじゃないか‥!
ほんと、変わっちゃっててガッカリしたよ。
人間、軸をぶらさずひたむきに、だよ。
反面教師としようwobbly

| | コメント (0)

2009/11/04

THIS IS IT

『THIS IS IT』

おととい 観てきたよ。

 
 

Mj1


いやぁ、最初「商業主義…」と思って

観ないつもりだったんだけど。

 
 
 

・・・ほんとスミマセン、

大変しつれいいたしましたっ bearing dash

そりゃこんな記録があれば世に送り出したくなるって。

さむ〜い雨の中、歩いて行った甲斐があったよ。


 
 

本当にとてもとても、よいと思いましたsign01

“THIS IS IT”ってそーいうことだったんねぇ。

 
 

それにしても、

座ってみてるだけなのに

なぜか体温あがってくるし。

もういなくなってしまったという実感がないのに

なぜか涙がでてくるし。

あたしなんぞが泣いちゃあ、

すごいファンの方に申し訳ねっす。ほんとに。

 
 

彼はスーパースターであるのは違いないとして

リリージョンでもあるよなあと思いました。

 

  diamond  diamond  diamond  diamond  diamond

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/02

映画なお話

映画館もちらほら行ってました。
(まあいつもの名画座なんだけど☆)


 

「スラムドッグ$ミリオネア」おもしろかった!
 インド舞台のイギリス映画。

[以下、内容にすこーし触れマス]

主人公ジャマールの来し方とクイズの答えが双行しつつ、

彼の一途な恋が描かれていく作品。

 

スラム育ちのジャマールは、

小さい頃から理不尽な世の中を見て成長してきてるのに

なぜか権力やお金や悪事に心身を捕われることなく

ひたすらに好きな人を想い続けている希有な人物。

TVのクイズ番組に出演し、正解を重ねていくも

ラストの問題直前にやらせ疑惑をかけられ

身柄を拘束される。


なんとか釈放され、番組へ出演は続行。

クイズ最後のライフラインに

自分を裏切った兄の携帯を鳴らす・・。

 

それにしても、いろんなタイプの映画をみてると

最後まで気を抜けないっていうか、

一転して悲劇になったらどーしよう、

と心配しちゃいました。

 

その分、エンディングの’インド映画=皆でダンス☆’の

定番シーンでは安心して楽しむ事ができたけど。

てか私も一緒に踊りたかったけど。

家なら踊ってるな

 
 

あとは「それでも恋するバルセロナ」や
(ペネロペよかった)
「ホノカアボーイ」、「ミルク」
(ショーン・ペンよかった)なども観ましたー

「ホノカアボーイ」はハワイ島行きたくなる〜〜sign03

ムーンボウ(ナイトレインボー)見てみたいよ。
あと、ごはんがおいしそうでたまりませんlovely
空腹時に観たのである意味かなりきつかった・笑
それ以降、ロールキャベツが食べたくて仕方がない。
だれかつくってpaper

| | コメント (0) | トラックバック (0)